オーガニックというと、お金に余裕のある人のものというイメージがあるようです。
本当は、どこでもいつでもだれにでも享受できる、もっと楽しく身近なものなのです。
より楽しく、より身近に、だれにでもオーガニックを普及させることが大切な使命です。

もっともオーガニックを楽しんでほしいのは子供たち!
そのために、加工カフェ・農場あわせてオーガニックテーマパークとし、みんながわくわくする企画をつくります。

多品種の旬野菜・自然たっぷりの畑、もぎとり体験、畑体験、そしておいしいオーガニック食事、これらは都会の人々にとって大きな魅力であり、観光資源です。

ほかにはないオーガニック農場ピクニックを組むことでさらにファンを増やし、それが地域の活性化にも貢献してゆきます。
またツアーコンダクターなどと共同して丹後全体で農業観光をすすめてゆきます。
オーガニックにまつわるワークショップ・セミナーを定期的に開催し、オーガニックをより多く浸透することを図ります。
新たにHPの作成、SNSの展開、パンフレットの作成、案内看板の設置を行います。

食べ物のこと、土のこと、わたしたちの体のこと、自然のしくみ、これらをみんなにもっと知ってもらうことがきっと幸せの近道なんじゃないかな・・。
ワクワクみらい部では次のことも大切に行ってゆきます。

食育活動 自然をまなぶ 有機農業技術の研鑽と普及 環境保護活動


食育活動

化学物質があふれている世の中で健康と元気を獲得するには、知識が必要です。
子供のうちから正しい食べ物を選択する力、すなわち正しい食育を行ってゆかねばなりません。
小中学校での地産地消の推進および食育活動、そして農業体験受入れは率先しておこなってゆきます。


有機農業技術の研鑽と普及

温暖化や気象現象の激甚化により安定した生産がますます困難になりつつあります。
あらたな有機農業技術を開発または導入することで強靭な生産体制をつくってゆきます。
また有機農業をひろめてゆくために技術の普及を行います。


環境保護活動

未来ある子供たちにこの状態で地球を受け渡すことは大人として最も無責任なことです。
私たちの行う農業も豊かな自然のおかげでなりたっています。でも、地球温暖化・海洋プラ問題など様々な問題がおきています。
どうすればよりよい地球を次世代に継ぐことができるのか、本気で考えて行動をしてゆきます。