週刊ミニてんとうむし畑たより6/12〜6/18

畑のすぐ横の森にササユリが咲いているのを見つけました。

葉っぱがササの葉に似ているから、この名前がついたそうです。ほんのりピンク色の花に顔を近づけると、とてもいい上品な香りがします。夏に咲く、鉄砲ユリや鬼ユリは河原や、畑のまわりでもよく見かけるのですが、ササユリの花は本当に久しぶりに見ることができました。

2〜30年前には、6月になるとあちこちで見つけることができたのですが、テレビで紹介されて、根こそぎ乱獲されてしまったのです。タネが落ちて芽が出てから、花が咲くまで、なんと7年もかかるそうな貴重な花でもあるのです。

たくさん咲いていた以前なら、家に生けるのに持ち帰りましたが、今回はそっと、野で楽しむだけにしました。また少しずつ増えてゆきますように!

そして、、作業場の裏に育っているクワの木に、びっしりとたくさんの実がなっています。手で届くとこの黒い実を食べるととっても美味しい。甘いのです。完熟すると、ぼたぼたと地面に落ちてしまいますが、放し飼いのニワトリたちがパクパク食べています。そのためか、たまごの色が最近濃いような気がします。その横には、梅の実が穫り頃をむかえ大きなザル一杯とれました。梅干しや梅酒がたくさん作れますよね。他にも、ジュンベリーや木苺、ゆすらうめ…この時期はいろんな木の実が楽しむことできますよ!!

ササユリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です