週刊ミニてんとうむし畑たより8/1〜8/7

毎日あつい日が続きますね。皆様あつさでくたばっていませんか?

今夏より、暑さ対策として、ファン付ベストをみんなに購入しました。バッテリーと2つのファンが付いており、上半身の中を風が通り抜ける仕組になっているのです。

これがとっても効果あるのです。いつもなら汗ダクダクになって体温の調整もままならないのが、汗がかわくお陰で、体温調整が出来るので、とっても楽なのです!!

おかげで、畑仕事もはかどります。とはいえ、無理は禁物ですね。安くはありませんが、いい買い物でした。

1回目まきのにんじんの種まきから、ちょうど一週間、かわいいにんじんの双葉がひょっこりと姿を見せてくれました。空に向かってバンザイをしている姿は頼もしいかぎりです。それから2日後にはきれいに発芽が揃いました。

このあと、一週間毎に収穫期に合せて、段々と種まきがつづきます。にんじんは発芽させるのに、たっぷりの水分が必要。乾燥はぜったいダメ。この炎天下のもとでは、一日2回の水やりが毎日続きます。

元々、雨季乾季のはっきりした地域が原産地のにんじんは、少々の雨でまちがって乾季に発芽しない様な仕組が、タネにそなわっているのです。なので、雨季を思わせる水分量が必要なのです。

しかも、発芽に光が必要なので、覆土はごく浅い。すぐ乾いてしまう…。

発芽させるのに、ちょっと大変なにんじんですが、今年も無事発芽して、美味しいあまいにんじんが出来ることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です